2010年3月15日月曜日

「ピクチャーズ」アイランド

原題:Pictures(1977年)

Island(アイランド)


 「Pictures」(邦 題は「ピクチャーズ」)はスイスのバンドIsland(アイランド)が1977年に発表した唯一のアルバムである。
 
ジャケットがH.R.ギーガーによるもので、後のエイリアンを思わせる異様な生物(バイオ・メカノイド)はEL&Pの「Brain Salad Surgery(恐怖の頭脳改革)」のジャケット以上にインパクト大。そしてシリアスな音楽にも不思議なほどマッチしているのだ。

Benjamin Jager:リードボーカル、パーカッション
Guge Meier:ドラムス、ゴング、パーカッション
Peter Scherer:キーボード、ペダル・ベース、クロタル、ボイス
Rene Fish:サックス、フルート、クラリネット、トライアングル、
                       ボイス

バンド編成からわかるように、アイランドにはベース専任メンバーがいない。ギター奏者もいない。非常に特異なバンド編成であり、それがまた大きな音楽的な特徴にもなっている。ちなみにPeter Shererの担当楽器にあるクロタル(crotale)とは、アンティークシンバル(右写真)のこと。

音楽は“ロック的ダイナミズムを強めに残した声楽チェンバー・ロック”といった趣き。分かりやすいメロディー、印象的なフレーズ、自然なコード展開を極力排し、予測できない楽曲的展開を、Peterの多彩なキーボードとGugeのグルーヴしないオーケストラの打楽器的なドラムスが冷静に牽引していく、複雑怪奇で非常に構築的な世界だ。
 
3曲目冒頭のピアノソロの導入部を除いて、各楽器がソロ回しをするような部分はほとんどない。キーボードもサックスやクラリネットも、ドラムスやタンバリンに至るまで、全てスコア化されているかのように、アンチコマーシャルな音を抜群のアンサンブルで奏でていく。
 
2 曲目の「ゼロ」がインストゥルメンタルのため、“メロディアス”ではなく“パーカッシヴ”なインストゥルメンタルの特異さが最初強く印象に残るが、曲が進むに連れて次第にAreaやVan Der Graaf Generatorのように、実はボーカルの存在が大きいバンドであることがわかってくる。

声質だけは聞きやすい感じのボーカルなのだが、聴き込んでいくうちに最初の聞きやすさを忘れていく。ボーカルだけの多重録音による実験的な試みもあり、次第にボーカルが中心となった声楽曲風なシリアスな雰囲気が強くなる。しかし最初のインストゥルメンタルを聴いた時のダークな印象は崩れない。時にボーカルも楽器の一部のようにこの音世界を作り上げていくのだ。
 

ベース部分はPeterの担当楽器にpedal-bassとあるが、ドラムスのGuge によれば
  
「スタジオでの録音は全てライヴ・プレイだったんだ。例外はヴォーカルとサックスで、これは後で重ね録りした。ベース・ペダルはなく、純粋に私とペーターに よって演奏されている(ベース・ペダルは使いようがなかった。この技術的な機材は、当時はせいぜいアメリカでしか手に入らなかったからだ)。」 (「Euro-Rock Press vol.34」マーキー・インコーポレイテッド、2007年)
  
という発言をしているので、実質はバスドラとキーボードの低音部で代用していたと思われる。ベースレス&ギターレスのため薄くなりがちな音は、手数の多いドラムス(特にスネア・ドラム)と、オーケストレーションとは対極にあるような、目まぐるしく動き回るキーボードがすき間を埋め尽くしていく。ボーカルを含めそれぞれの楽器の存在感が強烈。

息つく間もないような変拍子とリズム・チェンジ、ベースとギターを欠いた特異な音像、そして室内楽的な構築性とパーカッシヴなダイナミズムが生み出す途切れることのない緊張感。他のどのバンドにも似ていない、おどろおどろしくはないが重苦しい独自の音世界。スイスが生んだ大傑作だ。

ちなみにプロ デュースはPFMなどを手がけたClaudio Fabi、レコーディングはミラノのリコルディ・スタジオ。しかし原盤はスイスで1000枚だけプレスされた自主制作盤であったという。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿