2009年7月3日金曜日

「ゴースト」

Ghosts(1974年)

Strawbs(ストローブス)


strawb
strawberry、つまりイチゴのこと。実際にstrawbという単語はないのだけれど、前身のフォークバンドの名前がStrawberry Hill Boysだったところから作られた言葉だと思われる。

Ghosts」(邦題は「ゴースト」)は、この「いちごたち」という名前のバンドStrawbs(ストローブス)が1974年に発表したアルバムだ。

も ともとはYes(イエス)のキーボード奏者Rick Wakeman(リック・ウェイクマン)が在籍していたバンドとして興味があったのだが、ラジオから流れてきたポップなメロディーとクラシカルな美しさ、 そして親しみ易いボーカルの声に魅了されて、プログレッシヴ・ロックかどうかなんて関係なしに手に入れた一枚。

 Dave Cousins:ボーカル、ギター、リコーダー
 Dave Lambert:ボーカル、ギター
 John Hawken:ピアノ、ハープシコード、メロトロン、ムーグ、
        ハモンド・オルガン、パイプ・オルガン
 Chas Cronk:ベース、アコースティック・ギター、ボーカル
 Rod Coombes:ドラムス、コンガ、パーカッション、ボーカル

ト ラッド色の濃いアコースティックなサウンドから出発し、次第にロック色を増していった頃の、絶妙なバランスでドラマチックな曲が並ぶ。なんと言っても Dave Cousins(デイブ・カズンズ)のボーカルがよい。ちょっとしわがれた柔らかな声。フォークからロックまでカバーする表現豊かな彼の歌が、 Strawbsそのものと言ってもいい。

さらにこのアルバムでは、オリジナルRenaissance(ルネッサンス)にいたキーボード奏者John Hawken(ジョン・ホウクン)が加入、彼の端正なキーボードが、アルバムをさらに格調高い作品にしている。

タ イトル曲「Ghoset」は最初の曲。クラシカルなハープシコードのイントロから始まる、美しく幻想的な8分を超す大曲。やがてアコースティックギターが 加わり、ささやくようにボーカルが歌い出す。フォークタッチのファーストパートが終わると、一転してリズムがロック調になるとキーボードもオルガン中心に なり、ボーカルにも熱がこもる。間奏部分のギターソロも激しい。曲は最初のパートを繰り返すかたちで終わる。落ち着いた雰囲気ながらドラマチック。

旧LPB面トップだった「The Life Auction」も7分弱に渡る組曲。キーボードが大活躍、メロトロンも鳴り響くドラマチックな曲だ。

他の曲も、ポップなメロディーが印象的なフォークロック調の聴きごたえのある作品が揃う。楽器のバランス、ボーカルハーモニーが自然で心地よい。

特にお気に入りは「You and I (When We Were Young)」のしみじみと若き日を回顧する美しい曲。涙出そうです。

ボーカル主体なので、プログレッシヴ・ロックというと思い浮かべる充実したインストゥルメンタルパートを期待すると、インパクトは少ないかもしれない。しかし英国らしい格調を感じさせるキーボードと渋いボーカル、そして魅力的ボーカルハーモニー。1曲1曲の完成度が高い。

じわじわと良さがしみてくる傑作。
なおStrawbsは現役バンド。最新作「The Broken Hearted Bride」もお勧めです。


0 件のコメント:

コメントを投稿